癌によって併発する症状|現代人を襲う心筋梗塞に喝を|定期検診が大事
ナース

現代人を襲う心筋梗塞に喝を|定期検診が大事

癌によって併発する症状

手

癌性腹膜炎は、消化器系など、他の部位の癌が腹膜に転移して起こる症状です。癌性腹膜炎が発症するのは、多くの場合、癌がかなり進行した状態の時だといわれています。また、癌を取り除くための外科手術によってがん細胞を傷付けてしまい、結果がん細胞が腹膜に散らばって発症するケースもあります。ほとんどの場合、手術などの積極的な治療は行われず、腹水の排出や原疾患となる癌の薬物療法が行われます。癌性腹膜炎を発症するということは、末期がんであるということもあり、予後も決して良いとは言えないことがほとんどです。原因となった癌を治療することは困難な場合が多く、痛みを軽減し進行を抑え、生活の質を維持するための治療法がとられます。

癌性腹膜炎は大腸がんや胃がんといった消化器系の癌や、子宮がんといった婦人科系や生殖器系の癌が原因となって起こります。剥がれ落ちたがん細胞が播種性に転移し、腹水が溜まることで腸閉塞、尿管閉塞を引き起こします。体に感じる症状として起こるのは、腹痛や呼吸困難などです。また腹水や癒着によって、食欲不振や腹部膨満感、消化液逆流や嘔吐などの症状が現れます。初期の段階での癌性腹膜炎の診断は難しく、手術による開腹時や、腹水貯留が発見されたことで診断されることがほとんどです。消化器系は癌になりやすい器官であると同時に、切除しやすく治療がしやすい器官であるといわれています。ですが治療が遅くなると進行しやすく、癌性腹膜炎を引き起こしてしまうため注意する必要があります。