発症の原因とは|現代人を襲う心筋梗塞に喝を|定期検診が大事
ナース

現代人を襲う心筋梗塞に喝を|定期検診が大事

発症の原因とは

病院

癌性胸膜炎という病名は、あまり一般的ではなく何の事か分からない人も多いのではないでしょうか。癌性胸膜炎とは他の臓器や器官に出来た癌細胞が胸膜に転移し、炎症を起こしたり、胸に水が溜まる胸水などの症状を引き起こした状態の事です。癌性胸膜炎に転移した癌細胞は胸膜にパラパラと種を蒔いた様に見えるほど細かくて小さい為、手術で正確に取り除くのが難しく、如何に発症するのを防ぐかが重要になってきます。その為にもまずは日々の食生活や適度な運動など日常生活を見直してみる事が重要になってきます。また、癌性胸膜炎の原因になる病気は肺癌や胃癌、乳癌、悪性リンパ腫など様々ですが、中でも肺癌の人の発症率が高い事が確認されているので肺癌の原因になる喫煙をしないというのもとても大切な事です。

癌性胸膜炎の人によく見られる症状としては、胸膜に癌細胞が転移して胸水が溜まる事で、胸が押しつぶされるように痛み、酷い時には呼吸困難などの症状も併発します。しかし、軽度な痛みの時は消炎鎮痛剤を飲めば痛みは和らぎ楽になりますし、原因となっている癌疾患を治療でコントロールする事で痛み自体はかなり軽減されます。呼吸困難は胸に水が溜まる事で息を吸った時に肺が十分に広がらなくなり、上手くガス交換が行なわれなくなるのが原因です。その為呼吸困難になると呼吸するだけでもエネルギーを使い、癌の勢いが強いと食事から摂取した栄養が体のエネルギー源になる前に癌細胞に喰われてしまい、体力低下や体重減少などの症状も癌性胸膜炎の人によく見られます。